読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今や国民的メッセージアプリに育ったLINEが、いよいよ日米上場という新たなステ

今や国民的メッセージアプリに育ったLINEが、いよいよ日米上場という新たなステップに踏み出す。  今年、世界で最大級とされる注目株となったLINEは「日本発の世界的アプリ」と表現されてきたが、実は韓国IT業界の巨人がすさまじい日本への攻勢の果てに生み出した念願の大ヒット作だ。 エルメス iphone7ケース  上場を前に、これまで知られなかったLINEの韓国企業としての側面を深く追った『韓流経営LINE』(扶桑社新書)が発売されたのに合わせ、LINEの一番のキーマンの正体を紹介しよう。 謎の韓国人男性  2016年4月21日、東京・渋谷にあるオフィスタワーのヒカリエの9階には、LINEの社員たちが続々と集まっていた。 グッチiPhone7ケース  LINEの未来像など、大きな戦略を共有する全社集会に参加するため、社長の出澤剛をはじめとした経営幹部から新入社員たちまでが、ホールにずらりと顔を揃えていた。  そこで、開始時間になり、マイクを握ったのは、ひょろりとした姿の韓国人男性だった。 iphone7ケース  「まずは日本市場でLINEが成功させたモデルを、グローバルに展開し、各国の文化に合わせてローカライズしてゆきます」  日本にいれば、LINEというメッセージアプリの存在感の大きさは、誰もが否定できないだろう。2011年6月に誕生したこのアプリは、すでに日本国内では人口の半分以上である6800万人の月間ユーザーを抱える。 シャネルiphone7ケース  テキストメッセージや可愛いスタンプを使ったコミュニケーションは、女子高生からビジネスマン、子育てをしているお母さんたちや、地元の商店街でお店を営んでいる高齢夫婦まで、老若男女に広く愛されている。  海外に目を向ければ、世界全体で2億1860万人の月間ユーザーを抱えており、とりわけアジアの4ヵ国(日本、台湾、タイ、インドネシア)では、メッセージアプリとして高い市場シェアを誇っている。 シャネルiphone6ケース  「あのフェイスブックも、LINEのサービスを常に研究しています」  スピーチは30分を過ぎて後半に入り、喋りのトーンはいよいよ熱を帯びていた。そこには世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である米国のフェイスブックには規模でこそ劣るものの、新しいサービスの開発では、このLINEは負けていないという強い自負心が透けて見えた。 シャネルiphone6ケース  それにしても、急成長を遂げてきたLINEの社員たちに向かって、日本語を巧みに操りながら、壮大なビジョンを語るこの人物は一体誰なのか。 4,980円のSIMロックフリースマホは安物買いの銭失いか? 写真:Impress Watch やじうまミニレビューは、1つ持っておくと便利なPC周りのグッズや、ちょっとしたガジェットなど幅広いジャンルの製品を試して紹介するコーナーです。 ルイヴィトンiphone7ケース  「安物買いの銭失い」という諺がある。安いと思って買ったのは良いが、使い物にならなかったりすぐ壊れたりして、結局損したり高くつくという意味だ。 ルイヴィトンiphone7ケースだがIT業界では、この諺があまり当てはまらない。安さは絶対的な正義であり、自らの目で目的にあった安いものを選んだのなら、安物買いの銭失いにはならない。 シャネルiphone6ケース  しかし「安いにしても程がある」と思わせるような製品も世の中には存在するものだ。例えば今回ご紹介するGEANEE製のSIMロックフリースマートフォン「CP-D403」もその類である。 シャネルiphone6ケースAmazon.co.jpでの価格は4,980円だ。  本製品の主な仕様は、CPUMediaTekのMT6572、メモリが512MB、ストレージが4GB、4型のIPS液晶、OSがAndroid 4.2などとなっている。 エルメス iphone7ケース通信は3Gしかないのだが、それでもデュアルSIMスロットを備えているほか、Android 4.2の動作に必要な最低限のスペックは備わっている。安さが気になって仕方ないので、注文した次第である。 グッチiPhone7ケース  4,980円をどう見るかだが、確かに動作に必要な最低限スペックのスマートフォンとしてみれば、特別に安くは感じられない。1万円台前半でそこそこのスペックを持つLTEスマートフォンは多いからだ。 エルメス iphone7ケースそこから差し引けば本機の4,980円は納得できる。  しかしコンピュータ的な考え方で、デュアルコアCPU、マザーボード、512MBのメモリ、4GBのストレージ、モデム、バッテリ、そして4型のタッチ対応IPS液晶を、4,980円以内で調達できるかと聞かれれば、中古を持ってしても微妙である。 シャネルiphone6ケース色々仕組みや用途が違うので単純比較はできないが、安いと言われるボードコンピュータ「Raspberry Pi」ですら4,900円だから。  さて、いよいよ製品を見ていこう。 グッチiPhone7ケースパッケージについてこれといった特徴はないが、あちらこちらシールによって隠された跡がある。パッケージ内容物は、本体のほかに、ACアダプタ、Micro USBケーブル、バッテリ、そして説明書などがある。 シャネルiphone7ケースこのうち説明書は今どきのスマートフォンにしてはそこそこのボリュームで、初回セットアップからプリインストールアプリの簡単な使い方まで網羅されているのが特徴である。  一方、付属するACアダプタはShenzhen Flypower Technology製の5V/1A出力のもの。 グッチiPhone7ケース発売元は株式会社メガハウス、製造元は株式会社コヴィアとされている。本体の背面にもGEANEEブランドのシールがはられており、その下に別の刻印があるようだ。 グッチiPhone7ケースそこでシールを剥がしてみたところ、「Fairisia MegaHouse」といった文字列が確認できた。  ACの情報も組み合わせると、このCP-D403の正体は、株式会社メガハウスが出している女の子向けスマートフォン「Farisia」から、プリインストールアプリやテーマを省いて、専用SIMの制限を排除し、SIMロックフリーにしたモデルだと見ていい。 グッチiPhone7ケースFarisia自体、発売は終了しているので、コヴィアは本来メガハウス向けに出す予定だった製品を、ジェネシスホールディングス向けに出したと言ってもいいだろう。  さらに付け加えると、CPU-Zなどの情報によれば、本製品の製造自体はSK Telesysという、韓国SKグループの企業が行なっているもののようだ。 グッチiPhone7ケース整理すると、本製品はメガハウスがFarisiaとして企画してコヴィアに製造を受託、SK TelesysがODMでコヴィアに製品を納入。しかし在庫に余剰があったので、シールを貼ってファームウェアを書き換え、ジェネシスホールディングスに納入した、と言ったところか。 シャネルiphone7ケース